スポンサーサイト

情報ゲットでは、テレビ番組や様々な情報の中で暮らしに役に立つ情報
感想を含めて、備忘録を兼ねて掲載していきたいと思います。
スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

- |

真夏の台所(キッチン)での熱中症予防

情報ゲットでは、テレビ番組や様々な情報の中で暮らしに役に立つ情報
感想を含めて、備忘録を兼ねて掲載していきたいと思います。
スポンサードリンク

熱中症にかかる場所として、意外に室内が多いようです。
特に注意したいのが、台所(キッチン)!

台所が陽に当たる場所にある場合は注意が必要です。
涼しい時間帯に、家事を済ましてしまいたいですが・・・。
仕事の都合で、なかなか思うようにいかないですね。

しかも、台所での熱中症の原因には、湿気も関係するようです。
お料理に夢中になってて、気分が悪くなる前に湿度計や温度計を付けて確認したいですね。

■キッチンに陽が当たる場合
カーテン(よしず)などで、陽を入れないようにする
(仕事で外出時は、昼間陽が入らないよう注意)
西日が当たるキッチンも注意したいものですね。

■体の温度調節
首に保冷できるものを巻く
水分をよくとる
汗を吸い取る洋服を着る

■急激な温度に注意
ガスを全開にして、いくつも付けない

■扇風機の利用
扇風機を窓の方向からかけれれば、外の空気がはいる

■冷房、クーラー
クーラーは出来るだけ使いたくないですが・・・
危ない思いをするなら、ドライなどで湿気を取ったほうが良いです。

■電化製品からの熱
電気のコンセントから出る熱がかなり部屋を温める
使わないときは、コンセントを抜くと違うようです。

■台所(キッチン)の電球
電球は、白熱灯を蛍光灯に変えるだけでも違いがあります

◎台所(キッチン)は、温度が上がりやすいので、食料品の出しっぱなしには注意!
食中毒の殆どが細菌なので、まな板も消毒を心がけたいです。

Copyright (C) 健康(熱中症) | 暮らしの情報ゲット. All Rights Reserved.
目指せ結婚!!