スポンサーサイト

情報ゲットでは、テレビ番組や様々な情報の中で暮らしに役に立つ情報
感想を含めて、備忘録を兼ねて掲載していきたいと思います。
スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

- |

移住・住みかえ支援機構

情報ゲットでは、テレビ番組や様々な情報の中で暮らしに役に立つ情報
感想を含めて、備忘録を兼ねて掲載していきたいと思います。
スポンサードリンク

テレビ東京 ガイアの夜明け〜5月31日放映
「移住・すみかえ支援機構」について番組で取り上げられましたね。

「移住・すみかえ支援機構」って聞いた事がありませんでした。


●「移住 すみかえ支援機構」とは?
国土交通省が支援と民間企業13社の参加からなっている機構。
2008年4月よりJTI(移住、住みかえ支援機構)では・・。
JTIが認めた外部の耐久、耐震性基準を満たし長期にわたるメンテナンス体制を整えた新築住宅を「移住・住みかえ支援適合住宅」として認定する新制度を開始したそうです。


新築購入時にJTIから「移住・住みかえ支援総合住宅」の認定を受けた住宅なら通常の利用条件である50歳を待たずに、簡単な手続きでいつでもJTIの「マイホーム借り上げ制度」を利用する事ができるそうです。


●「マイホーム借り上げ制度」は、50歳以上のシニア層から家を借り上げ、子育て世代に貸すというシステムで、貸主は家賃の15パーセントを手数料で引かれるかわりに、一生涯の家賃収入が保証され、一方借主は、敷金礼金なしで借りれるそうです。


ガイヤの夜明けの番組では・・・。
代表理事である大学院教授のお話し!

「60歳以上の方の総資産の6割が自宅だっていう中で、ここを活用しない手はない、と。ところが売るということを中古市場で考えると、ほとんどの家は10年以上もつはずなのに、タダになっちゃう。そこをお金に換えてあげるってことで、持っている資産をまずは活用する」
と、このシステムの重要性を語っていた。

ん〜っ!何だか内容が少し難しくて、理解がなかなかできませんが〜。
借りたい方と貸したい方と、メリットのある利用ができそうな感じですね。


家を建てては壊す時代ではなく、財産として活用するって事なのかな?

Copyright (C) 社会(老後) | 暮らしの情報ゲット. All Rights Reserved.
目指せ結婚!!