スポンサーサイト

情報ゲットでは、テレビ番組や様々な情報の中で暮らしに役に立つ情報
感想を含めて、備忘録を兼ねて掲載していきたいと思います。
スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

- |

入学祝いに贈るもの

情報ゲットでは、テレビ番組や様々な情報の中で暮らしに役に立つ情報
感想を含めて、備忘録を兼ねて掲載していきたいと思います。
スポンサードリンク

サクラも綺麗に咲き始め、4月は入学シーズン真っ盛りですね。
幼稚園や保育園の入園式!どことなく不安気な顔と、期待でいっぱいの子供達が可愛いですよね。
小学校、中学校、高校、大学などの入学式!学生服が真新しく、輝かしいですね。

あちらこちらで、素敵なスーツ姿で親子で歩いている姿を見かける事も多くなりますね。


■入学祝い(入園祝い)を贈るポイント
入学(入園)が決まってから、入学式(入園式)の2週間〜3週間前に贈ると良いそうです。

■入学祝い(入園祝い)には何が良いの?
ランドセル、机、など新学期に使うものは、身内が用意してくれる場合が多いようです。
無難なのは、やっぱり現金のようです。重なる事が少ない為安心ですね。
祝儀袋に「入学御祝」と書くのが、最も多いようです。
幼稚園は、「入園御祝い」と言う形ですね。
商品券や図書券、文具券も喜ばれるそうです。

■入学祝い(入園祝い)の金額
入学祝(入園祝い)は、友人、知人の場合は、贈る方は少ないようです。
本来、入学(入園)のお祝いは、身内のお祝いと言われてるので、あえて必要ないようです。
でも、お付き合いの都合により、どうしてもと言う方は、3000円〜5000円
年齢や、お付き合いの深さにより、金額を決める方が多いようです。

親戚関係なら、5000円〜10000円などが多いようです。

■入学祝い(入園祝い)のお返し
子供へのお祝いは、収入がないので、お返しはしなくて良いと言われてます。
でも、お付き合いの都合上、どうしてもと言う方は、頂いた子供の名前で気持ち程度お返しすると良いそうです。


現金でお祝いを贈るのが、一番喜ばれるようですね。
商品券、図書券なら、金券屋に行けば少しは安く購入できる場合もありますよね。

幼稚園の入園、高校の入学は、身支度に、結構、お金が掛かるものです。
現金が羽を付けたように、パタパタ飛んで行きますね。


Copyright (C) 冠婚葬祭(入学) | 暮らしの情報ゲット. All Rights Reserved.
目指せ結婚!!